アーカイブ:2022年 3月

  1. 遺言の付言(ふげん)とは何?

    1.遺言に付言は必要なの?付言には法的効果はありませんので、遺言に付言を付ける必要はありません。しかし、付言により、遺言者の遺言を書いた理由・意思や相続人に伝えたいことを記載することができます。付言はまさに、遺言者の相続人(家族)に対するメッセージとなります。

    続きを読む
  2. 遺言書(特に公正証書遺言)を作成しておくと、残された家族(相続人)の相続手続きがスムーズに進みます。(相続手続きの負担が軽くなります)

    1.亡くなった方(被相続人)が遺言書を作成していなかった場合どうなるの?亡くなった方の遺言書がない場合、残された相続人の間(法定相続人が一人の場合を除く)で、残された財産(遺産)を誰がどのように相続(取得)するのかを協議して決めなければなりません。

    続きを読む
ページ上部へ戻る