ブログ

終活には体力維持・健康維持も必要です。三日月山・立花山登山【ほっと一服:番外編】

久しぶりに三日月山と立花山(21年9月)に登りました。

 

<今回(21年9月)のルート説明>

◆今回は、「三日月山霊園」の北奥の登山口から下原方面からの「三日月山ルート(地図:緑色ルート)」に沿って三日月山に登り、三日月山から立花山へは「尾根ルート(地図:緑色~黒色~紫色)」を行き、立花山からの下山は、逆に尾根ルート(地図:紫色~黒)を、途中の三日月山と立花山の分岐点からは「霊園ルート(地図:青色))を通って下山し、駐車場登山口(地図での現在地)に着きました。

(注)地図の現在地が駐車場からの登山口(今回下山到着口)で、その上にある登山口が今回登った霊園北奥の登山口です。

なお、当該地図は、駐車場からの登山口にあります。

まずは、三日月山山頂までです。

①出発点は「三日月山霊園駐車場」です。  <午前8:53分出発>

朝、少し早かったので、まだ駐車場は多く空いていました。

②今回の登り口は駐車場北側奥の「三日月霊園」に行く道路の左側にある登山口から三日月山へ登りました。

                                      <午前8:59分>

入口には

〇三日月山まで1,000m

〇立花山まで1,760m

との看板があります。

こちら側からの登山ルートはあまり知られていないようです。

  

登りはじめに竹藪があります。竹が折れたりしています。

③少し登ると下原方面との分岐点に出ます。<午前9:03分>

三日月山は右へ、左が下原方面です。(写真では左右逆になっています)

④三日月山まで600mのところです。<午前9:13分>

ちょうどここらあたりが中間点のところです。

 

この先の木のベンチ休憩のところで、彼岸花が咲いているのを見つけました。

だれかが植えたようだと聞きました。

⑤三日月山まで100mのところです。<午前9:27分>

三日月山と立花山の分岐点です。右側が三日月山へ、左側が立花山登山ルートです。

この地点を右側に登れば、もう少しで三日月山の山頂に着きます。

   

三日月山、山頂です。高さは272mです。<午前9:34分到着>

山頂では360度見られます。当日は宝満山、若杉山など霞がかかりはっきりとは見えませんでした。PMの影響もあったかもしれません。

出発から山頂まで、約41分かかりました。途中写真を撮ったりしたので、その分少し時間を要したようです。駐車場からは、標準35分程度でしょうか。

  

 

次は、三日月山から立花山山頂までの登山です。

 

三日月山出発。<午前9:40分出発>

⑨先ほどの三日月山と立花山の分岐点。<午前9:42分>

⑩立花山の中間までは下りです。その途中に木のベンチの休憩どころがあります。<午前9:46分>

 

三日月山・立花山の四季の状況を写真で示した掲示板があります。

草花などが分かります。 <午前9:51分>

 

⑫上の掲示板のすぐ先に立花山と三日月山の中間点があります。<午前9:52分> 

〇立花山まで 600m

〇三日月まで 500m

これから先、登りとなり、段々ときつくなります。

  

また、立花山、三日月山、下原方面の3か所分岐点があります。<午前9:58分>

〇立花山まで 240m

〇三日月山まで 640m

〇下原方面  1600m

これから先、所々に大きなクスノキなどがたくさんあり、樹木の偉大さを改めて感じさせられます。

  

途中には、大きな岩が出ているところ、丸太の長い階段坂もあります。

 

⑭大きな楠の根本(赤土が出ています)。<午前10:10分>

これから先、さらに急斜面となり、きつくなります。

⑮山頂まで5分。<午前10:15分>

最後の急斜面です。心臓がバクバクしますので、急がないように気を付けましょう。

⑯山頂一歩手前です。三日月山下原方面。<午前10:20分>

 

立花山山頂です。高さは367mです。<午前10:22分到着>

山頂は10数名の人(グループ、家族など)がいました。景色は香椎中心に能古島、志賀島、アイランドシティなどの街並みが見えました。

立花山山頂からの景色は、壮大で、気分が爽快になりました。

三日月山から立花山までは約42分程度かかりました。

なお、立花山には、南北朝鮮時代、豊後(現在の大分県)の大友氏によりお城が築かれたと伝えられています。

  

 

最後は、立花山から駐車場までの下山行程です。

 

立花山を出発。<午前10:32分出発>

下山はなだらかコースを途中まで取りました。

  

⑲)立花山と三日月山の中間点。<午前10:48分>

〇立花山まで 600m

〇三日月まで 500m

⑳立花山と三日月山の分岐点。<午前10:55分>

登りとは違い駐車場方面を通って下山しました。

こちらはなだらかな坂となっています。丸太木の階段もところにありました。

途中には、水飲み場のような場所(一番右の写真:看板なし)もありました。

  

㉑駐車場まで600m。<午前11:18分>

ここからちょっとまた登りとなります。

駐車場入口到着。<午前11:28分到着>

駐車場にたどり着きました。

立花山から駐車場まで、約56分かかりました。

万歩計(登りから下山まで)を見ると、約1万2千百歩程度となっていました。

  

汗がいっぱい出ましたが、三日月山・立花山登山ができ気分はリフレッシュできました。

まだ、三日月山・立花山に登られたことがないようでしたら一度登られてみてはいかがでしょうか。

立花山山頂から見る景色は、晴れた日、何度見てもよいものです。

以上、報告者は、じょう行政書士事務所 行政書士 城 哲士 でした。

なお、22年1月に再度、冬季編として登りました。その様子については、こちらのブログからどうぞ。

<お知らせ>

じょう行政書士事務所では、『遺言・相続手続き』講座を毎月第2・4土曜日に開催しています。

講座内容・参加申込みはこちらから

また、遺言(特に公正証書遺言)についてもこちらをどうぞ。

 

関連記事

ページ上部へ戻る