ブログ

終活には体力維持・健康維持も必要です。香椎花園~アイランドシティ中央公園ウォーキング【ほっと一服:番外編第2弾】

香椎花園の駐車場は満車でした。また、アイランドシティ中央公園では子供たちが笑顔で遊んでいました。

 

<今回のルート説明>

◆今回は、『香椎花園』の南入口の駐車場から道路沿いに歩いて、西鉄香椎花園前駅に隣接して位置する正面玄関(入口)まで行き、その後、来た道を折り返し、「香住ケ丘海岸緑地」を通って、人口島である「アイランドシティ」とを結ぶ『あいたか橋』を渡り、「照葉の森公園」を通って、2005年、全国都市緑化ふくおかフェアの会場となった『アイランドシティ中央公園』へ行きました。帰りは、逆に、その公園から来た道を通り、また『あいたか橋』を渡り、香住ケ丘へ戻りました。

まずは、「香椎花園」の南入口の駐車場です。駐車場は満車でした。園内からは太鼓の音が聞こえていました。園内には入っていませんので中の様子はわかりませんでした。

 

南入口の駐車場から園沿いの道路に沿って歩き、西鉄香椎花園前駅の右側に位置する正面玄関入口に着きました。道路沿いを歩いていた際、ジェットコースターが稼働していて歓声が聞こえてきました。

     

 

正面玄関から来た道を下り、香住ケ丘緑地を通って、あいたか橋に着きました。あいたか橋は、香住ケ丘とアイランドシティを結ぶ橋で、2013年に開通しました。これにより、香椎海岸とアイランドシティを周回するルート(1周:2,900m)ができました。週末には、ジョギングやウォーキングする人で多くなります。非常事態宣言が解除され、運動するにはいい場所です。

     

 

あいたか橋からの、アイランドシティ、和白方面、香住ケ丘方面、香椎花園方面、イオンなど香椎浜方面、360度の眺めは天気のよい日(時に空気が澄んだ秋晴れの日など)は気分が爽快になります。また、上空は、福岡空港への飛行路となっており、飛行機が数分おきに上空を飛んでいるのが見られます。

  

対岸のアイランドシティに着き、これから照葉の森公園を通って、アイランドシティ中央公園へ行きます。

   

 

  

照葉の森公園は、緑で囲まれたちょっとした散歩道です。

  

それを通り抜けると、アイランドシティ中央公園入り口の交差点へ出ます。

当該公園は、2005年開催された全国都市緑化ふくおかフェアの会場となり、当時植栽が行われ、整備された公園です。入口の看板に掲示されていますが、「グリッピの森」と呼ばれていました。私も当時、子供たちと一緒に家族で訪れました。

現在、それから、約16年が経過し、多くの木々が大きくなりアイランドシティの中で憩いの場となっているようです。この日も子供づれの家族が多くいました。

  

  

  

帰りの道での照葉の森公園の入り口です。

照葉の森公園の出口で、向こうに香椎海岸が見えます。

アイランドシティ側から見た「あいたか橋」です。

  

以上、今回は香椎花園からアイランドシティ中央公園のご紹介でした。

【余 談】

なお、私ごとですが、香椎花園へは、今年4月末に、十数年ぶりに家族で行きました。その時には、今年12月30日で閉園になるとは夢にも思っていませんでした。園内の主な乗り物(観覧車、メリーゴーランド、コーヒーカップなど)はすべて乗りました。但し、ジェットコースターには乗りませんでした。年齢から考えて無理ですし、若い時と違い体が持ちません。

また、香椎花園前駅の交差点付近に、包子(ぶたまん)を販売しているお店「爐満」(ろまん)があります。よくウォーキングした際は、ここで包子(ぶたまん)を買っています。

個人的な感想ですが、おいしいです(1個:220円です)。

以上報告者は、じょう行政書士事務所 行政書士 城 哲士 でした。

<お知らせ>

じょう行政書士事務所では、『遺言・相続手続き』講座を毎月第2・4土曜日に開催しています。

講座内容・参加申込みはこちらからどうぞ

関連記事

ページ上部へ戻る