ブログ

遺言書が特に必要な場合とはどんな場合?

1.遺言書が特に必要な場合とはどんな場合?

主に次の7つの場合に必要とされています。

①夫婦の間に子供がいない場合

子供のいない夫婦のうち夫が死亡した場合、夫の両親が既に亡くなっているときは、法定相続となると、夫の財産は、妻が3/4、夫の兄弟が1/4の各割合で分けることとなります。

しかし、長年一緒に暮らした妻に全財産を相続させたいと思う方も多いと思います。そのようにするためには、遺言書を作成しておくことが必要となります。兄弟には遺留分がないので、遺言さえしておけば全財産を愛する妻に残すことが可能となります。

 

②再婚をして、先妻の子と後妻がいる場合

先妻の子と後妻との間では、感情的に対立することが多いので、遺産争いが起こる確率が高いと思われます。争いの発生を防ぐため、遺言書を作成して、財産をどのように分けるのか決めておく必要があります。

 

③長男の嫁に財産を分けてやりたい場合

長男の死亡後、その妻が亡夫の親の世話をしているような場合には、そのお嫁さんにも財産を残してあげたいと思うことが多いと思います。しかし、お嫁さんは相続人ではありませんので財産をもらえません。

民法の改正によって、特別の寄与の制度が認められるとうになりましたが、その制度に基づく場合には、お嫁さんが相続人に対して、寄与に応じた額の金銭の支払を請求し、当事者間に協議が調わない場合には、家庭裁判所に協議に代わる処分を請求する手続をすることとなります。そのような手続をしなくても、お嫁さんに遺贈する旨の遺言書を作成することによって、財産を分けることが可能となります。

 

④内縁の妻の場合

長年、夫婦として暮らしてきても、婚姻届を出していない場合には、いわゆる内縁の夫婦となり、内縁の妻には相続権がありません。したがって、内縁の妻に財産を残してあげたい場合には、必ず遺言書を作成しておかなければなりません。

 

⑤家業等を継続させたい場合

個人で事業を経営したり、農業を営んでいたりする場合などは、その事業等の財産的基礎を複数の相続人に分割してしまうと上記事業等の継続が困難となります。このような事態を招くこととならないように家業等を特定の者に承継させたい場合には、その旨を遺言書において記載しておく必要があります。

 

⑥家族関係に応じた適切な財産承継をさせたい場合

上記の各場合の他、

ア)特定の財産を特定の相続人に承継させたい場合(例:不動産を相続人の共有にすると、将来、処分する際に共有者の協議を要することとなる)

イ)身体に障害のある子に多く相続させたい場合

ウ)老後の面倒を見てくれた子に多く相続させたいとき

エ)可愛くてたまらない孫に財産を残したい場合

以上のように遺言者のそれぞれの家族関係の状況に応じて、財産承継させたい場合には、遺言書を作成しておく必要があります。

 

⑦相続人が全くいない場合

相続人がいない場合には、特別な事情がない限り、遺産は国庫に帰属します。

したがって、このような場合に、ア)特別世話になった方にお礼として財産を譲りたい場合、イ)お寺や教会、社会福祉関係の団体、自然保護団体、又は有意義と感じる各種の研究機関等に寄付したい場合などは、その旨の遺言書を作成しておく必要があります。

以上。

なお、遺言書(特に公正証書遺言)の作成のご相談は、じょう行政書士事務所まで。

ホームページはこちらからどうぞ。

<お知らせ>

じょう行政書士事務所では、『遺言・相続手続き』講座を毎月第2・4土曜日に開催しています。

講座内容・参加申込みはこちらから。

 

 

【ひとこと終活ガイド(その12)】

今回も、「改葬・墓じまい」についてです。前回の続きです。

2回目の今回は、「墓じまい」にかかる費用についてです。

墓じまいにかかる費用には、「墓石の撤去にかかる費用」と「新しい納骨先にかかる費用」の2種類があります。費用はあくまでも目安です。

1. 墓石の撤去にかかる費用

①    墓石の撤去費 相場:8万円~15万円/墓地面積1㎡あたり

②    閉眼供養のお布施 相場:3万円~10万円

⇒お墓を撤去する時に「お墓から仏さまの魂を抜くために行う儀式」のことを言います。

③    離檀料 相場:10万円~20万円

⇒お寺と檀家関係を終える時に「これまでの感謝の気持ちを込めて支払うお金」です。

2. 新しい納骨先にかかる費用

新しい供養方法により、以下のとおり費用が異なります。

①    永代供養墓(合祀墓) 相場:10万円~30万円

②    納骨堂 相場:20万円~150万円

③    樹木葬 相場:10万円~100万円

④    散骨  相場:3万円~30万円

⑤    手元供養 相場:1万円~50万円

⑥    新しく墓石を建てる場合 相場:100万円~300万円

以上、墓じまいをするにもそれなりに費用がかかります。墓じまいをめぐって親族同士でトラブルになるケースも多々ありますので、慎重に検討する必要があります。

関連記事

ページ上部へ戻る