ブログ

お一人様の死後事務委任などの支援情報をご紹介します(福岡市社会福祉協議会関係事業について)!【ほっと一服:番外編第4弾】

福岡市社会福祉協議会において実施している「死後事務委任」などお一人様支援のための事業について紹介します。

 

1.『ずーっとあんしん安らか事業』について

あらかじめ預託金を預け、契約者が亡くなった時に、預けた金額内で、葬儀・納骨・公共料金等の精算や家財の処分を行う事業です。

 

【対象者】は以下4項目のすべてに該当する方が対象となります。

①福岡市内に居住する70歳以上の方

*同居者がいる場合、全て70歳以上の親族であること。

②明確な契約能力を有する方

③原則として子がいない方

④生活保護を受給していない方

 

必要となる費用は以下のとおりです。

【入会金・年会費】

〇入会金:15,000円(税込)

〇年会費:10,000円(税込)

 

【預託金】

〇葬儀・納骨時費用、公共料金等の清算費用:500,000円以上

〇残存家財処分:業者見積額

なお、福岡市社会福祉協議会の職員が、定期的な連絡や訪問をするようです。

福岡市社会福祉協議会においては、担当専門員が相談を受けるようです。

 

2.『やすらかパック事業』について

「自分が死亡した後のことが心配」という方と生前に契約を結び、死後事務(直葬(*)・納骨・家財処分・役所の手続き等)を行う事業です。

*直葬とは・・・通夜・告別式を行わず、24時間ご遺体を安置後、火葬する形式です。

 

【仕組み】

仕組みについては以下のとおりです。

福岡市社会福祉協議会と、①死後事務の委任契約を結び、利用料を支払う。

②福岡市社会福祉協議会が保険会社との保険契約を利用し、

③福岡市社会福祉協議会が委託した業者が死後事務を実施します。

 

【申し込みできる方】は以下の項目のすべてに該当する方が対象となります。

①福岡市内に居住する40歳以上90歳未満の方

②明確な契約能力を有する方

③生活保護を受給していない方

④保険会社の申込要件に該当する方

⑤5年以内にがんを罹患していない・要介護2以下等

⑥死後事務を行うことができる親族がいない方

⑦「声の訪問」等の見守りサービスを利用できる方

 

必要となる費用は以下のとおりです。

【利用料】 毎月の利用料・・・3,000円~7,500円

(注)

〇申し込み時の年齢・健康状態で利用料が変わります。

〇途中解約された場合、支払った利用料の返金はありません。

注】

 上記1.及び2.の内容については、変更されていることもありますので、必ず福岡市社会福祉協議会にお問い合わせの上、ご確認ください。

 

3.お問い合わせ先

【福岡市社会福祉協議会】

〒810-0062

福岡市中央区荒戸3-3-39 ふくふくプラザ4F

〇終活サポートセンター

TEL:092-720-5356

FAX:092-751-1509

【受付時間】月~金(祝日・年末年始を除く)9:00~17:00

福岡市社会福祉協議会のホームページは以下からどうぞ。

終活サポートセンター (fukuoka-shakyo.or.jp)

 

なお、終活への取り組みのブログについてはこちらからどうぞ。

以 上。

遺言(特に公正証書遺言)についてのご相談は、じょう行政書士事務所まで。

こちらからどうぞ。

<お知らせ>

じょう行政書士事務所では、「遺言・相続手続き」講座を毎月、第2・4土曜日に

  開催しています。

  講座内容・お申し込みはこちらからどうぞ。

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る